masumasulog

投資・節約・暮らしに役立つことについて勉強していこうと思います。

手取り20万円子育て家族の貯金の教科書を読みました。

こんにちは

手取り20万円子育て家族の貯金の教科書を読みました。

 

f:id:masumasulog:20180506174732j:plain

 

手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書

手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書

 

 

 子供の将来は、お金の《使い方》で変わる

「手取り20万円子育て家族の貯金の教科書」は、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏とストーリーライターの朝倉真弓氏の共作です。

重要なのは、子育てにかける金額が多い少ないではありません。

親が「限られたお金をどうやって使うか」です。

 この本では、手取り月収20万円の相談者さん(妻、子供1人)の相談にファイナンシャルプランナーの横山光昭氏が応じる形ですすんでいきます。

相談者さんの質問に図表を用いながら答えていくというスタイルなので、実際のモデルケースの家族が相談している姿を見学しているようで読みやすい本です。

教育費1000万円のリアル

 教育費は《イニシャルコスト》と《ランニングコスト》の2つに分けられる。

教育費の1000万円という金額は、一気にかかる金額ではなく、突発的にかかるイニシャルコストと定期的にかかるランニングコストに分けて考え、一時的にもらえる補助金や定期的な児童手当なども総額でいくらになるか計算して考えるが大事なポイントだと仰っています。

なるほどと思いました、一般的に子供一人当たりの教育費が約1000万円だと言われていますが、その数字を具体的に分けてから計算することは理にかなっていますね。

大学入学までに300万円を貯める方法

児童手当の賢い使い方や貯め方、それを補って貯める方法、子供名義の通帳で地道にコツコツと貯めていく王道の貯蓄の重要性がわかる内容を書かれています。

児童手当と毎月の貯金で、大学の入学までに必要にな300万円を貯めることができる

教育の目的は、子どもが一人で生きていく術を身につけさせること。

教育費に関しては貯金でまかなっていくのが王道

まさに正論ですね。

手取り20万円を前提に書かれた本ですが、手取りが50万円の家庭で親が子に「習い事」や「良い大学」へ入学させたとしても親が貯金できていなかったり雑なお金の使い方をしていたら、子どもも浪費家になって将来苦労することも考えられます。

将来の教育費を投資でも増やしていこうという考えは危険ですね、投資には増えるという可能性もあれば減るという危険なデメリットもあるので、教育費は投資を必要としないのが間違いのない王道だと思います。

学資保険はいらない

学資保険では、大きなリターンは見込めません。また学資保険は途中解約してしまうと元本割れというデメリットがあります。それならば、いざという時の流動性のある貯金や財形貯蓄でコツコツと貯めていくほうが王道である。

学資と保険は別々で考える必要がある。

「ここぞ」で使う貯金と保険

預貯金を増やしていくうえで、よく言われるのが給与振込口座と貯めていくための口座は別々であるほうが良いということです。横山光昭氏は教育費を貯めていきながら別に貯金も行っていこう、「使う貯金」は給与振込と支払いがある口座には手取りの1.5倍あるのが目安で1.5倍より増えたら、増えた分は別の貯金へ移動する、移動した貯金は「使わない貯金」で、使わない貯金の目安は手取りの6カ月分が目安で、この使わない貯金は生活防衛費として貯めておくこと。「使わない貯金」の目安より増えた貯金は別の用途の貯金や投資にまわすのも問題ないと仰っています。

これを何カ月分または1年分や2年分にするか、「手取り」か「生活費」で計算するのは個人でも考え方が違うのだろうと思います、少なく見積もっても手取りの半年分は確保していたほうが安心ということですね。

習い事のお金を無駄にしない秘訣

塾や習い事の費用は決安い金額ではありません、子どもには習い事を多くさせたい、続けてほしいと思うのも親としてよくある話です。

習い事の「やめ時」の話や、マイホーム購入の「持ち家」か「賃貸」か永遠のテーマについても書かれています。

お金に強い子どもの育て方

大事なのは金銭《感覚》 教育

よその家庭のお金の教育ってどうやっているのだろう?気になる方は、ぜひご一読を。

横山光昭氏が、子どもは社会を生き抜くために必要なマネーリテラシーを早くから身につけ、自分で考えて、将来お金で苦労しない賢い大人に育つために行っていることなどが書かれていて勉強になります。横山光昭氏は、他の本でも自身の考え方やスタイルをはっきりと書かれてくるので、おススメできます。

 

読みながら、教育費を心配しなければいけない、老後の生活を心配しなければいけない今の日本は何か間違っていると思うのです、だからマネーリテラシーを身につけることは重要になるのですね。

まとめ

貯蓄だけではなく、社会制度や保険についてなど幅広く学べる良い本です。手取りの金額に関係なく読めると思います。投資本から入るのではなく、このような内容の本から読んでみるのも良いと思います。

 

手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書

手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書

 

 

 横山光昭氏の本では、はじめての人のための3000円投資生活もおススメです。投資の商品選びでヒントになることが多く書かれています。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

読書本の関連記事です

元国税局職員の大村大次郎さんが書かれた本です。

www.masumasulog.com

ファイナンシャルプランナーの岩崎淳子さんが書かれた本です。

www.masumasulog.com

免責事項
当ブログは、投資の助言や勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性や正確性、有用性について保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営者は一切の責任を負いません。 投資はリスクや損失が存在する金融商品ですので取引は閲覧者自身の判断によって自己責任で行ってください。