masumasulog

投資・節約・暮らしに役立つことについて勉強していこうと思います。

「楽天証券」iシェアーズETFの売買手数料が無料に!

こんにちは

楽天証券では、2018年6月6日から楽天証券でiシェアーズETFの売買手数料が0円に!衝撃ですね。

f:id:masumasulog:20180605232504j:plain

楽天証券より引用

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fundの頭文字をとった略称で「上場投資信託」ともいいます。ETFは特定の指数に連動することを目的に運用される商品で通常の株式と同じように売買が可能です。ETFファンドの株券は取引所に上場され、株式と同様で信用取引もできます。ただし、売り買いの価格は、取引所で売り手と買い手の需給によって決まる市場価格です。

ETFのメリットは?

ETFは、取引所の取引時間中ならいつでも売買が可能です。売買価格は売りと買いの需給関係によって決まるので基準価格と一致するとは限りません。しかし指値注文もできるのでタイミングをみながらETFを売買することができます。そしてETFのメリットに信託報酬の安さがあげられます、一般的なインデックスファンドの投資信託と比べてみても信託報酬の違いはあきらかです。

ETFのデメリットは?

売買には手数料がかかる。一般の上場企業の株式と同様に売買には手数料がかかります、信託報酬が安いといっても売買に手数料がかかるので少額(少ない口数)で売買を続ければ手数料負けをしてしまいます。ノーロードの投資信託のように手数料無料で100円から自動的に買付ていくことができません。また、売買は売り手と買い手の需給で決まるので、買いの需要が少ないときは低い価格でしか売れない場合もあります。

ETFには売買ルールがある?

ETFは株式と同様に指値または、成行注文が可能です。また売買単位も株式と同様で売買の単位が違う場合があります。

iシェアーズETFとは?

iシェアーズETFとは、ブラックロック・グループが運用するETFブランドです。今回、楽天証券で売買手数料が無料になるのは、東証上場してあるiシェアーズETFの商品です。

iシェアーズETFには、インデックス投資家にとってもコアとなる商品がそろっています。

国内株式だと

iシェアーズ TOPIX ETF(信託報酬 年0.06%)

海外株式だと

iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF(信託報酬 年0.19%)

米国株投資家に人気な

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(信託報酬 年0.15%)

があります。他にもリートや債券クラスがそろっています。

ETFのデメリットである売買手数料が無料になり、これらの商品に投資がしやすい環境になったということですね。

まとめ

国内のETF商品は、海外ETF商品に比べまだまだ取扱数は少ないですが、売買手数料が無料になり、いわゆる手数料負けしない投資もできそうです。ETF投資に興味がある方々には検討する価値もあると思います。

今後も売買手数料が無料になる商品が増えたらと願います(^^)

 

また、こんな記事も書いています。

こちらも楽天証券の記事です。

www.masumasulog.com

こちらは楽天カードの記事です。

www.masumasulog.com

免責事項
当ブログは、投資の助言や勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性や正確性、有用性について保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営者は一切の責任を負いません。 投資はリスクや損失が存在する金融商品ですので取引は閲覧者自身の判断によって自己責任で行ってください。