masumasulog

投資・節約・暮らしに役立つことについて勉強していこうと思います。

キャッシュレスで家計管理の時間と手間を省く

こんにちは

キャッシュレスで家計を管理して手間と時間を省きたいですね。

 

f:id:masumasulog:20180624093908p:plain

家計をしっかり管理するために家計簿をつけ始めても挫折してしまったという経験がある人もいるはずです。家計簿が続かない原因は、時間と手間がかかるからではないでしょうか。近年は家計簿アプリなど便利なものが多く登場しています、普段の支払いをキャッシュレス化して家計簿アプリと連携してしまえば時間と手間が省けながら、しっかりとお金を管理してみましょう。

家計簿アプリを使ってみる

世の中には、家計簿をつけなくてもお金をきちんと管理できて貯蓄も増えているという人が存在します。このような人は収入から固定費の支出はいくら必要で、生活に必要な支出も普段から頭の中で計算されていて毎月の預金額もしっかりと決めているのです。このような人にはなれないけど、支出を減らしながら貯蓄も増やそうと家計簿の利用を考えるのではないでしょうか。

家計簿といえば、ノートの記入やパソコンの活用で日記代わりに継続している人もいるのでしょう、そのような方は継続をおススメします、楽しまれているから続くのでしょう。このスタイルでは面倒で続かない場合には家計簿アプリを使用してレシートをスマホのカメラで撮るだけで金額が記録されるものがあり楽に管理ができます、便利な時代になったなと思います。人によっては、それさえも手間であり面倒だと思う人もいます。

家計簿の記入やレシートの撮影という手間を省き、キャッシュレス化で使うたびに自動で記録してもらいながら楽に管理をしましょう。

キャッシュレス化

キャッシュレス化には、一般的にクレジットカード、電子マネー、デビットカードがあげられます、それぞれの特徴を簡単にいうと決済方法が違うということでしょうか。

  クレジットカード 電子マネー デビットカード
決済方法 後払い 前払い 即時決済

クレジットカードは後払いなので、よくデメリットで言われているのが使いすぎることです、でもこれを家計簿アプリと連携して管理してしまえば使った金額が把握できるので使いすぎの抑制にもなります。

それでも心配なら前払いの電子マネーの利用です。クレジットカードからのチャージでも良いし、手持ちの現金からチャージや銀行の預金口座からのチャージでも良いと思います、つまりお財布に使う金額を入れておくのと同じ意味になりますので使いすぎの抑制になりそうです。

デビットカードは、デビットカードを発行している金融機関のものを利用すれば、預金口座からATMで現金を引き出す手間が省けますし手数料もかかりません。デメリットは頻繁に利用すると通帳に記載される項目が増えることです、これもインターネット銀行を利用し電子通帳にすることで通帳の管理が楽になります。

クレジットカード、電子マネー、デビットカードは、どのお店でも利用できるとは限りません、まだまだ利用できない場所もあります。なので、固定費の支払いはクレジットカードで行い、毎月微妙に変動のある支出は電子マネーでいくらまでと決めてしまいチャージした金額でやりくりする、突然の支出にはデビットカードで対応する。支払いの発生する銀行口座は1箇所に決めて管理して、これらを家計簿アプリと連携し家計簿をつける手間と時間を省きながら管理してしまえば節約できる箇所も見つかって、もっと節約できるようになると思います。

ポイントの獲得は付加価値ですので、まずは家計を管理できるようになってから考えても遅くはないと私は思います。

家計簿アプリ

マネーフォワード 2016年12月14日現在で約2600以上の金融関連サービスに対応

Money Tree     こちらも約2600以上の金融関連サービスに対応

Zaim         約 1,500 の金融機関の公式サイトに接続して資産を自動管理。

クレジットカード、電子マネー、デビットカードとの自動連係できる家計簿アプリで代表的なものでは上記があります。どちらが便利かは使うひとによっても違うと思うので興味があれば一度は試してみる価値はあると思います。

私はマネーフォワードを使っていて簡単な感想も書いています。

www.masumasulog.com

まとめ

クレジットカード、電子マネー、デビットカードを活用し家計簿アプリで管理するようになったら、時間と手間が省けて家計が管理でき私は以前より節約できるようになりました。 

免責事項
当ブログは、投資の助言や勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性や正確性、有用性について保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営者は一切の責任を負いません。 投資はリスクや損失が存在する金融商品ですので取引は閲覧者自身の判断によって自己責任で行ってください。