masumasulog

投資・節約・暮らしに役立つことについて勉強していこうと思います。

格安SIMの無料通話サービスでの3桁緊急電話には気をつけましょう

こんにちは

携帯電話から3桁の緊急の電話をした経験はありますか?

もちろん無いほうがよいのでしょうが、いざという時のために格安SIMでの無料通話アプリでは3桁の番号へは発信できない場合があるので注意が必要です。

f:id:masumasulog:20180816212834j:plain

格安SIMの無駄通話オプションは第三者課金発信サービス

格安SIMは基本料が安いけどキャリアに比べると通話料金が気になる場合があります、なので近年はアプリを介して発信することで5~10分未満の時間なら無料通話ができるサービスを提供する会社の格安SIMが人気なようです、格安SIMへの乗り換えは支出を減らすことが前提なので当然の選択だろうと思います。

キャリアでは当然の無料通話も格安SIMでは、専用のアプリをインストールしてからアプリの設定をすることで電話番号の前に番号が付き発信され無料通話になるのです。これを「第三者課金発信サービス」と呼ぶようです。

【第三者課金発信では発信できない番号】

●緊急通報番号(110番、118番、119番)など

●ナビダイヤル(0570番)など

●国際電話

●衛星船舶電話

●#番号(#7000番~#9999番)

●事業者識別番号(00から始まる番号)

●国際ローミングサービスを利用して日本国外から発信する場合、第三者課金発信はご利用いただけません。

●第三者課金発信は、通常発信と同等の通話品質を保証するものではありません。

10分かけ放題オプション | ヤマダ ニューモバイルより引用

私はヤマダニューモバイルを利用しています、実店舗で契約したので店員さんから注意事項を教えられました。

緊急通報電話をかける場合には、ヤマダニューモバイルではアプリの設定をオフにしないといけません。

f:id:masumasulog:20180816203618j:plain

上の画像では「ON」になっていますが、これを「OFF」にしてから緊急通報電話番号を発信しないといけません。

これから格安SIMへの乗り換えを検討している方々は、契約される会社の注意事項を読んでおくことをおススメします、また既にご契約された会社がある場合は再度確認しておいたほうが良いでしょう、緊急の場合に慌てないために必要です。

携帯電話から緊急の3桁番号へ発信した時は、つながった先の確認も忘れずに

携帯電話から緊急通報電話した場合には、必ずしも最寄りへつながるとは限りません。

市町村などの境目や通話エリアの境目で振り分けされるのか詳細は分かりませんが、最寄りつながらない時があります。なので、つながった先を確認することで場所を説明する時に慌てず的確に説明できるようになります。

近年は、大規模災害も予想して本部で一括受付してから最短の場所から駆けつけるようになっている場合もあります。ドクターヘリがあるエリアでは市町村をまたぎ本部で一括受付している場合もあるようです。

私は過去に通りすがりのオジサンながら「119」を頼まれ数回ほど発信したことがあるので、数例の中から一例書いてみます。

119「火事ですか?救急ですか?」

ます「マスと申します、救急の依頼ですが、よろしいか?」

119「救急ですね、では・・・」

ます「その前に確認させてください、これは何処の消防につながりましたか?」

119「〇〇市消防署本部です」

ます「了解しました、△△地区なので△△消防署が最寄りだと思うけど大丈夫ですか?」

119「こちらで一括受付になっているので大丈夫です」

ます「それでは説明しますが、何から伝えますか?」

 

消防署の職員もエリア内のすべてを把握するのは不可能です(建物の色など)、通報する人が番地など分からない場合は、状況によって伝え方がかわります。

また、こちらから情報を早く伝えようと思うと慌てるので、消防職員に質問させる形式で伝えたほうが、うまく伝わります。

通報後は着信にも注意しよう

通報後には、消防や警察から電話がかかってくる場合もあるので電話をかけた人は注意が必要です。

事故や災害などでも電話をかけた人は、いつでも着信に対応できるよう役割分担が必要です。出先でドクターヘリのエリアでの一例です。

◇◇消防署「〇〇消防本部から連絡ありました119をした、マスさんの携帯でしょうか?」

ます「間違いないです、どうぞ」

◇◇消防署「救急車の到着後に状態によってはドクターヘリでの搬送になるかもしれません」

◇◇消防署「それでは現在の状態や場所の再確認を行います」

この場合は、通話終了後に救急車の消防隊員からの着信や救急車で搬送後に警察からも着信がありました。

 

通話内容は過去の記憶からなので完コピではありませんりませんので、ご了承ください。

まとめ

緊急通報番号を発信するなら、固定電話で出来る場合は固定電話が最初の選択肢だと感じています、固定電話で通報後にも随時連絡をとれる携帯電話があれば伝えましょう。

格安SIMでの契約ならば、「もしも」に備え事前に緊急電話の方法など確認していたら慌てないで済むかもしれません。

免責事項
当ブログは、投資の助言や勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性や正確性、有用性について保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営者は一切の責任を負いません。 投資はリスクや損失が存在する金融商品ですので取引は閲覧者自身の判断によって自己責任で行ってください。