masumasulog

投資・節約・暮らしに役立つことについて勉強していこうと思います。

【楽天pay】楽天ペイが近所でも使えるようになったのでメリットデメリットなど

こんにちは

地方に住んでいると便利なサービスも都市部より遅れることばかりです。

先日、近所のファミリーマートで楽天ペイが使えるようになったので楽天ペイを使ってみることにしました。

 

楽天ペイとは

pay.rakuten.co.jp

利用者は、まず楽天の会員情報に利用するクレジットカードを登録しておく必要があります。そして楽天ペイのアプリをスマホにインストールします。

楽天会員でない場合は楽天に会員登録してからクレジットカードの登録と少し面倒なサービスに思えてしまいます。

楽天ペイで利用できるクレジットカードは、すべての楽天カード、およびその他、国内で発行されたVisa、Mastercardが利用できるようです。

楽天カード以外が発行したJCBカード、American Express、Diners Club、Discover、海外で発行されたカードなどは利用できないようです。

 

f:id:masumasulog:20181210194119j:plain

 

いま使っているスマホのアプリで既に楽天会員の情報でログインしているものがあれば、あらためてユーザーIDやパスワードを入力しなくて済み赤いログインのボタンが〇〇〇としてログインと楽天に登録している名前が表示されます。

楽天ペイの使い方

楽天ペイを使えるお店での支払い方法には3種類の使い方があります。

楽天ペイのアプリをインストールしたら簡単な使い方が表示されるので内容がわかります。

 

f:id:masumasulog:20181210211547j:plain

バーコード提示して支払い

楽天ペイが使えるお店で支払い方法を楽天ペイで行うことを伝えます。

コンビニ等では複数の商品を購入することも多いので楽天ペイのバーコード提示を求められます。

バーコード提示の決済前に使うポイントを設定すれば、日々の買い物でも期間限定ポイントを使うことができます、ポイントを失効する機会が減るのは助かりますね。

 

f:id:masumasulog:20181211185843j:plain

QR読み取りで支払い

これはお店で表示している楽天ペイ決済のQRコードを自分のスマホで読み取り、表示された金額で決済する仕組みです。

こちらも設定でポイントを「使わない」「すべて使う」「一部使う」から選べます。

 

f:id:masumasulog:20181211190708j:plain

セルフ(金額入力)して支払い

こちらはスマホの位置情報をオンにしないと使えません、セルフを押すと位置情報からセルフで決済できるお店が表示されるようです、まだ私の家の近所にはセルフ決済はなさそうです。

 

楽天ペイの詳しい使い方は下記の楽天ペイのホームページに書かれています。

pay.rakuten.co.jp

楽天ペイのメリット

①0.5%のスーパーポイントがつく

楽天ペイで支払いを行うとクレジットカードのポイントとは別に200円で1ポイントのポイントがつきます。楽天カードを使用した場合は楽天カードで1%のポイントがつきます。

楽天Edyの場合は楽天カードからEdyへのチャージで0.5%のポイント、Edyの使用で0.5%のポイントですから、それに比べると良いこになります。

楽天ペイに登録するクレジットカードを楽天カードにすると楽天カードでの支払いより有利ということになります。

 

f:id:masumasulog:20181211192910j:plain

残念なのは200円単位ごとに1ポイントなので300円の買い物をしてしまうと楽天ペイでつくポイントは100円分が切り捨てられることです。

 

②ポイントを使うことができる

日頃の買い物で楽天スーパーポイントや期間限定ポイントを使うことができるのは良いですね。

 

③お店によってはポイントの三重取りが可能!?

たとえばファミリーマートの場合は決済方法にかかわらず先にTポイントカードを提示するだけでTポイントもついてきます。

日本経済新聞の記事によればファミリーマートでは今後NTTドコモや楽天のポイントサービスを使えるようになると書かれています。

www.nikkei.com今後が楽しみですね。

 

楽天ペイのデメリット

①決済に通信費が発生する

楽天ペイの利用の際には、LTEやWi-Fiなどの通信ネットワークが必要になります。インターネットにアクセスできる環境でないと利用できません。

スマホで楽天ペイ利用の際には、通信量に応じたパケット通信料金が発生します。

 

②加盟店が少ない

まだまだ現時点では楽天ペイを使えるお店が少ないようです。

楽天ペイ:アプリ決済が使えるお店

将来的には楽天ポイントカードが使えるお店と同様になれば便利ですね。

 

③セルフペイで間違ってしまったら手続きが面倒

<決済するお店を間違えた場合>

まだまだ楽天ペイが使えるお店は少ないですが、将来的に使えるお店が増えてきた場合には間違えることもありそうですね。

お店を間違えってしまったら

アプリの「ご利用履歴」メニューから当該の履歴詳細を開き、表示されている伝票番号をお手元にご用意のうえ、楽天ペイのカスタマーデスクまでご連絡ください。

楽天ペイの「よくある質問」より引用

<間違った金額を支払った場合>

お店は間違っていないけどセルフで入力した金額を間違えてしまった、こちらもありそうな事ですね。

お支払いの当日中かつお店の営業時間内であれば、お店側で取り消しが可能です。

お店の方に楽天ペイでのお支払いを取り消すようお伝えください。取り消し後、改めて正しい金額でお支払いください。

翌日以降の場合は、楽天ペイ カスタマーデスクで取り消しを承ります。 アプリの「ご利用履歴」メニューから当該の履歴詳細を開き、表示されている伝票番号をお手元にご用意のうえ、ご連絡ください。

楽天ペイの「よくある質問」より引用

 人間がやることに間違いはあるので、将来的には間違いを減らす対策が望まれますね。

 

メリットデメリットは使う人によって違うのかもしれません。

まとめ

キャッシュレス決済は便利ですが、ついつい使いすぎる場合もあるので自己管理が必要です。

通信障害や災害などあればキャッシュレス決済できない事もあります、キャッシュレス決済をメインにしていても数日の通信障害や災害時でも対応できるよう一定額の現金を財布などに確保しておくことも必要です。

 

また、こんな記事も書いています。

私は楽天スーパーポイントで投資信託を毎月積み立てています。

www.masumasulog.com

 

免責事項
当ブログは、投資の助言や勧誘等を行うものではありません。当ブログの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性や正確性、有用性について保証するものではありません。閲覧者が当ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当ブログ運営者は一切の責任を負いません。 投資はリスクや損失が存在する金融商品ですので取引は閲覧者自身の判断によって自己責任で行ってください。